読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラビティデイズ2よい

グラビティデイズ2を遊んでいます。

非常にいいです。

キャラクターを動かしてるだけで楽しいゲームというのは、それだけで素晴らしい。ミラーズエッジカタリストも走ってるだけで楽しくて、そこが好きだった(クリアしてないけど)。

オンライン要素のトレジャーハンティングとか正直めんどくさいし、どんなメリットがあるのかイマイチわかってないけど、つい何度もやってしまう。

 

操作は難しいのかもしれないけど、1よりはずっと遊びやすいはず。ノーマルで遊んでて、難易度下げたくなったことない。タイムアタックイベントみたいなのもあるけど、最高ランク目指さなければ詰まることもないだろう。

ただ、ステルスミッションの作法が他のゲームと違ってて、「見つかる前に殺る」「見つかったら逃げるより殺る」「でも近寄った時点でアウトな場所は避ける」みたいなことが多いのがとまどった。基本、空を飛んでダイナミックに移動することが多いから、少しのミスで顔を出してしまってやり直しになってしまうあたり、スリルとしていい塩梅なのかもしれない。

 

まあ端的に言ってすこぶる楽しいです。

街中を重力スライドで走る感じは、映画「魔女の宅急便」を連想した。市場で人や露店をもろともせず駆け抜けるのが楽しい。これなら魔女の宅急便ゲーム化いけそう。ジブリ映画は無理だけど、児童文学の方なら……。

というか、やってることの基本はデリバリーサービス(新聞配達や消火活動)なわけで、これが既に魔女の宅急便なのかもしれない。人間の嫌な感じは「ニシンのパイ」レベルなのが頻出ですし、みんなが重力姫をなぜか受け入れているのも、魔女の宅急便っぽいです。

 

その他、キトゥンが底抜けに明るいバカで素敵だったり、「友達とプレゼントを買いに行く」というどこにでもあるイベントが独特なシュールテイストに料理されてたり、最高です。

他人が撮った写真が流れてくるんだけど、特に良くなくても高評価をしてしまえるやさしい世界観が非常によろしい。いま公式でフォトコンテストやってるんだけど、それを見るのも楽しい。戦闘中に撮ったやつとか大変だろうなあ。

ノリ的には小学生とかでも遊べるんですけど、操作性とか漢字や言葉の難しさを見る感じ、大人向けっぽい。「キャラを動かすのが楽しい」という点は、小さい子でも同じだと思うけど。

 

------------------------------------

それと「ペルソナ4ゴールデン」はじめた。

ペルソナ5だけ遊んだんだけど、5のイゴールの件については初めて意味がわかった。シリーズファンだと一層楽しめるってわけね。

4を遊んだ人からすると、5は確かに演出過剰に感じるのかも。今のところ「超楽しいふつうのRPG」って感じで、5で感じていた「ペルソナらしさ」みたいなものが薄い。ただ音は相変わらず最高。

あと授業の答え、5は他のプレイヤーが多く選んだやつが正解なんだけど、4はわかんないのでふつうに間違う。困る。

クマが気持ち悪い(失礼)以外は、楽しく遊べてます。

 

あとOverwatchとBattleField1は不毛だから、もっとちゃんとやるか、いっそやめるか決めたほうが良いカナー。

しばらく全体的に不調だったから、だらだらするのに慣れてしまっている感ある。状況はあんま変わってないけど、風邪は治ったし、主に低空飛行する方向に順応してるので、もう少し気合い入れたりメリハリつけたりしたい。